日焼けってそんな感じでできるんだ

シミっていうのはメラニンが過剰に発生することにより、メラニン色素が細胞に定着してシミという色がついた細胞が残ることですね。

紫外線が原因なんですが、肌が紫外線を受けると防御反応からメラノサイトが活発化します。

これ自体はいいことなんですが、そのときにメラニン色素が多く発生するんですね。

肌が黒くなるいわゆる日焼けというのは防御反応というわけです。

通常は日焼けしてもしばらくすると肌は元の白い色に戻ってくるのですが、それは肌の細胞の入れ替えが活発に行われている若い時に限ります。

歳を取ってくるとこのターンオーバー機能が低下してくるので、メラニン色素のある細胞が残って定着してシミになるというわけです。

だからシミというのは若いころよりも歳をとってからできるというわけですね。

シミ対策には化粧品やスキンケアの美容液などがつかわれますが、成分を知っておくといいでしょう。

ビタミンc誘導体は美白製品にはよくはいっています。

メラニンの生成を抑える働きをします。

 シミを消す美容液って