banner

交通事故時の弁護士活用

交通事故時の相手側との和解と弁護士費用について

交通事故でも自損ではなく、相手側がいる場合の事故について、普通は強制加入の自賠責とさらに民間の保険会社に加入していることが多いので、大概の場合はうまく示談等を保険会社がまとめてくれます。
しかし、相手側に過失割合が多い場合などで、自賠責には強制で入っていたとしても、任意の民間の保険には入っていない人がたまにいます。もし、自賠責を上回る損失たとえば人員障害により後遺症が残ったときや、相手側が飲酒運転等重大な法令違反をしていたために保険金が下りない場合など、こちらに否がほとんどなく相手側に責任があるのに、その責任を金銭面できちんと賠償してくれないあるいは賠償しようにもできない場合がありえます。
こうした場合は民事裁判という形で、弁護士を通じて民事訴訟を起こすほか手がありません。もし弁護士に依頼するお金がすぐ工面できないのであれば、法テラスを利用する手段もあります。交通事故における弁護士費用を割安で引き受けてくれますので、ぜひこうした制度は利用すべきです。ただし、相談予約を入れても混雑しているのが常なので、面談までに時間がかかる可能性があります。
民事裁判のなかでこの交通事故による相手側にどれだけの非があるのかはっきりさせる、その上で、相手側がこちらに払うべき賠償金額等をはっきりさせることが必要になります。賠償金額には弁護士に支払うべき費用も当然ながら含めることになるでしょう。
無論、裁判所も双方の言い分と状況を聞いてくれるでしょうから、その上で和解案が示されることも十分ありえます。しかし、その和解案で和解しても、今後賠償金等を支払ってくれるわけですが、相手側の事情でひょっとしたら支払いができなくなるかもしれないわけで、そうなった場合、差し押さえ等の手段も考えなければならなくなります。日々の生活や治療、治療のための通院、場合によっては介護など、こうなってくると一生この交通事故を引きずって生きていかなければならなくなります。ほかにも弁護士に支払う弁護士費用もかさみますし、人生をめちゃくちゃにされてしまうことでしょう。
せめて、今後の生活のためにも金銭面だけでもきれいに和解して、賠償してもらえるに越したことはないのですが、なかなか相手側の話なので難しい場合もありうるでしょう。一番いいのは交通事故に遭わないことですが、この車時代全盛にあって、交通事故に遭わないという保障はどこにもありません。交通法令を遵守して、交通事故とは無縁な人生を歩みたいものです。

Copyright ( © ) 2014 起きた時ではもう遅い。交通事故にあった時のための対処法 All Rights Reserved.